助産師人生、いつかは報われるさ!


by edksxzjnmo

[静かすぎる対策]体験会に120人以上が集まる(レスポンス)

「静音性対策車両」の騒音とはどんなものか。10日午後、東京都東小金井市の尾久自動車学校で開催された体験会には、平日にも関わらず120人以上の応募者が押し寄せた。

画像2枚:説明会場の教室には立ち見も出た

いずれもインターネットなどで応募した一般参加者。自動車関連会社など関係者だけでなく、目の不自由は人たちや自動車事故被害者の家族なども訪れ、関心の高さを物語っていた。

静音性対策車両が走行するコース上の脇に参加者が立ち、車両の音を確認した。

自動車部品メーカー社員の一人は「思ったより優しい音がする。これなら受け入れやすく、HVやEV普及に弾みがつくのではないか」と話した。

一方で、「静音性対策をしなければならない現状は、それだけ生活道路の安全が確保されていないことの裏返し。事故防止のためにはもっと大きな音が必要なのではないか」と述べる参加者もいた。

体験会を主催した国土交通省自動車交通局では、参加者にアンケートを依頼している。このアンケートの結果が車両メーカーら関係者に伝えられ、実装に向けてさらに検討が加えられる。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
[静かすぎる対策]走行音は、UFOの飛んでくる音
EVバイクにも車両接近通報装置を取り付け
【Fニッポン 第2戦】招待…各チーム、調子がでてくる
国土交通省 特別編集
ハイブリッドカー HV 特別編集

鵜飼 幽玄な古典漁法の妙技 岐阜・長良川で開幕(毎日新聞)
年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
沙也さんの容体安定 人工呼吸器外す 米で心臓移植(河北新報)
もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
[PR]
by edksxzjnmo | 2010-05-12 02:27