助産師人生、いつかは報われるさ!


by edksxzjnmo

【小鳩退場】沖縄「現実対応を」 宮崎唖然「約束は」(産経新聞)

 立ちはだかる難局にリーダーシップを発揮できないまま、退陣表明に至った鳩山由紀夫首相。「現実的な対応を」「約束は守って」…。普天間問題を抱える沖縄と口蹄(こうてい)疫問題の宮崎からはさまざまな声が聞かれた一方、霞が関の官僚は冷めた対応をみせた。

 「沖縄県民の気持ちを踏みにじった責任も取って退陣表明してくれれば、県民も振り上げた拳の落としどころがあった」。沖縄県政関係者はこう苦笑しつつ、「民主党も決して一枚岩ではないから先は見えないが、次期政権がどう移設計画を実行していくかにかかっている」と指摘した。

 また、保守系県議は「本土復帰から38年、われわれには日本の安全を守ってきたという誇りがあるはずだが、忘れてしまっている。大事なのは一刻も早く普天間の危険性を除去し、跡地の開発を考えることだ。現実的な対応を早く考えないといけない」と強調した。

 鳩山首相が1日に訪れた宮崎県。「(口蹄疫に対し)政府として万全の措置を取らせていただく」と口にした翌日の退陣表明に、首相と東国原英夫知事との会談に同席した川南(かわみなみ)町の養豚農家、河野宜悦さん(48)は「『できることはすべてやる』と言っておきながら…。約束は守ってもらわないと」とあきれた様子だった。

 原則無料化をうたった政権公約が宙に浮いたままの高速料金問題を抱える国土交通省道路局の幹部は「ああ、そうなんだ、という感じ。既定路線で驚きはない」と話す。

 文部科学省でも「政権交代するわけじゃないから、誰が大臣になってもそんなに政策の方向性は変わらないだろう」と冷めた見方が大半を占めた。

 また、複数の法務・検察幹部は「何もコメントする立場にない」と薄い反応。ただ、ある幹部は「自分の立場を離れて言う」との前提で、鳩山首相と小沢一郎幹事長が役職の辞任にとどまる一方、小林千代美衆院議員に議員辞職を求めたことについて「思い上がりだ。自分らが議員にしてやったとでも思っているのか」と憤った。

【関連記事】
小沢軍団 変わらぬ本質 「数は力」
「権力」掌握だけが目的だった水と油の「小鳩」関係
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上
「国民が聞く耳持たなくなった」 最後まで“宇宙人”
カネ問題 真相は闇のまま 献金・土地・北教組…

<雑記帳>鍋やおたまとファッションが融合(毎日新聞)
日米合意に「辺野古」なら福島氏、閣議で署名せず(読売新聞)
<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)
<口蹄疫>雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相(毎日新聞)
明石市職員を逮捕=電車内で痴漢容疑―兵庫県警(時事通信)
[PR]
by edksxzjnmo | 2010-06-04 14:00